スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご先祖縁の島で一期一会♪~旅レポ③~

おばさんとおばさんが乗って来たバスの運転手の方が、潮風が寒いからフェリーが来るまでバスの中で待ってなさいと言って下さったのでお言葉に甘えてバスに乗らせてもらいました。

どこから来たのと聞かれたので東京からうさぎに会いに来ました泊まれませんでした。大三島だったら泊まれるホテルか旅館ありますかね?と聞くと旅館などの連絡先が載ったしまなみ街道のパンフレットを下さいました^^

そして、おばさんが『富士見園』なら泊まれるかも知れないから電話して見たらと言われたので電話して見ると泊まれると言うことでほっとしました。
旅館の方にフェリーが着く大三島の盛港からそちらへ行くにはどうやって行けばいいですか?と尋ねていると!おばさんがじゃあ私が連れてってやるよと言って下さいました(^^)

おばさんの親切に感激しました。
フェリーが来たので運転手さんと別れ2人でフェリーに乗り込みました。
忠海から乗ったフェリーは写真のように定員100名でしたが大久野島から
乗ったフェリーは車も乗れる定員も倍以上乗れる大きさでしたが、この日乗った便には私とおばさんの2人だけでした♪
こういうフェリーに乗ったのは小さい頃に乗った若戸フェリー以来です^^

2階の毎日座ってるというおばさんの特等席の隣に座らせ頂きました♪

securedownload_20091207014223.jpg
フェリーに乗ったのが夕日が沈む少し前で、素晴らしい景色を見るには絶妙な時間帯です(☆▽☆)

写真撮るの下手で瀬戸内海の島に沈むオレンジ色の太陽が沈む素晴らし写真を撮ることができずお見せできないのが非常に残念です。

おばさんは、大三島から大久野島へ働きに来てるとのこと。そして、同じ便のフェリーで帰るとのこと。
毎日、この絶景を見てるとのことで羨ましいですね!と言ったら嬉しそうでした。

フェリーの中でおばさんと楽しくお話^^

大三島と松山に行って、先祖の河野氏関連の史跡を旅するんです♪といったら、おばさんはなんと村上水軍の子孫なんだとか☆
村上水軍といえば日本の水軍では一番有名ですよね。
私は、大河ドラマ毛利元就でその存在を薄っすら知りました。

毛利元就自体にそんなに興味持たなくてよく覚えてません。

ちなみに、今は亡きおじいちゃんがドラマ見ながら俺の祖先も海賊だったんだぞ。水軍は今でいう海賊みたいなもんだと言ってたのを思い出しました。当時は、小さかったし、海賊なんて非現実なものが先祖だと思えなくて冗談だと思ってすっかり忘れてました^^;
祖先が、河野水軍の庶家だと知って、河野水軍を調べてると河野水軍と関係がある村上水軍の情報もでてくることがあります。それで思い出しました・・・おじちゃん、冗談だと思ってごめんね^^;

ちょっと話がずれましたが、おばさんが村上水軍の子孫と知って親しみを感じました^^

10分弱でフェリーが大三島へ到着♪

地理感覚が全くない私は、港降りて徒歩圏内に富士見園はあると思ってたんですが、なんと車で行かないと厳しい距離だとか。

おばさんは小さい軽トラックだけどいいかしらと言われましたが、見ず知らずの私を乗せて連れててくれるだけでありがたいです!!とことで乗せていただきました。

私は、明日は『大山祇神社』に行こうと思ってたので行き方を聞きました。
すると、おばさんが富士見園の近くにバス乗り場がある。時刻表も見てから旅館へ行こうと言って下さいました(T▽T)

一緒に時刻表を見てから富士見園へ送ってもらいました。

盛港から富士見園まで結構な距離な上、おばさんのお家は富士見旅館とは逆方向な道なんだそうです。

仕事からの帰路で疲れてるところすみませんありがとうございましたと言ったら、私が送るって言ったんだから気にせんでいいよと言ってくれました。

全然知らない今日会ったばかりの私にこんなに親切にして下さるなんて・・・こんな時代に・・・言葉じゃ表せないほどの感動を覚えました。
おばさんと会って、富士見園まで1時間くらいの短い間の出会いでしたが、昔から知ってる親戚のおばちゃんみたいな感じで別れる時、ちょっと寂しい気持ちで涙が出そうになりました。

おばさんが教えてくれた富士見園の泊まったお部屋は角部屋で窓からは瀬戸内海の海が(>w<)

securedownloadCANX01O2.jpg

左の山は広島県です。この山を富士に見立てて富士見園と名が着いたそうです。

夕食は旅館の敷地にある割烹で瀬戸内海の美味しい魚介料理を味わいました(^^)
サザエのつぼ焼きとか、鯛めしとか、お刺身の盛り合わせとか鯛の頭煮とか出てきましたが、キスを開かずに丸々揚げた天ぷらを塩で頂いたのが一番美味しいと思いました(^w^)

料理と一緒に頂いた地元の梅酒も美味でした。

朝食もまた豪華でしたよ。

仲居さんと世間話してたら、若い方だったんですけど京都出身の方で上京区の京都御所の近くの生まれなんですって。良いとこに生まれましたね。とかこの前京都御所行って来たんですよとか京都のお話をしました♪

大久野島に泊まれなかったのは残念でしたが泊まれてたら、おばさんとの一期一会も京都生まれの仲居さんとの一期一会もなかったと思うので泊まれなくて大三島に泊まったのは良かったと思います(^w^)

また、大三島というのは先祖の河野水軍と大変深い縁のある島だということでそういう場所で素敵な出会いができたことをとても嬉しく思いました。
スポンサーサイト

コメント

No title

親切な方々に出会えて良かったですね。一人旅の困ったときのご親切は本当に身に沁みて有難いことですね。ご存知かと思いますが四国のお遍路は行ったことがないのですが、やはりお接待といって遍路の途中で土地の方が食べ物やお菓子など出して下さるそうで、こちらは御仏の慈しみからでた好意もしれませんが、本当に一期一会であるからこその人の暖かさを感じますね。

No title

都会では体験できないような出会いで本当に良かったです(^^)
1人旅だと尚更人の親切が身に染みますね^^
四国のお遍路のことはそんなに知識がないので早々さんが書かれたことは今知りました^^
四国のお遍路でお寺を周ると一遍さんのような慈愛の心を持った方とお会いできるのですね♪

こんな世の中で見ず知らずの人の暖かみを経験できるのはありがたいことだと思います。

No title

とてもステキな出会いをされたようで良かったですね(*^_^*)
ひさっちさんのお人柄、良いですもんね、フェリーに同乗されたおばさんもお世話したくなったんでしょう、きっと。

京都ご出身の仲居さんも、ひさっちさんと会話出来た事で懐かしく思い出された事でしょうね。

思い出に残る良い旅だったようで本当に良かったです。
(あ、何かシメの言葉みたいになりましたが、続くようでしたら、済みません(^_^;))

No title

あさぎさん>思うわぬ出会いに感激しました(^^)
人柄・・ありがとうございます。本当は腹黒いですけどね(笑)
あさぎさんは、2度のオフ会の時もドジな私に優しくして気配りができる方だと思います(^^)
京都の方が良いとこじゃない?と思ったのですけど色んな所に住んでみたいということでした。
レポもう少し続きます^^

No title

旅先でこういう良い方との出会いがあると嬉しいものですよね♪
フェリーから夕日や瀬戸内海の海もとてもきれいな景色で本当にステキな旅をされたようでとても羨ましいです(^^)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。