スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

播磨灘物語をドラマ化して欲しい!!

ちょっと前から、黒田長政か黒田官兵衛の本読みたいなあと思ってたんです。
そういえば、司馬遼太郎さんも黒田官兵衛の小説書いてたよなあと播磨灘物語買ってみました。

ちなみに前も書いたかもしれませんが私、司馬さんの本は燃えよ剣と血風録と新選組の短編2作しか読んだ事ありませんでした。竜馬はすぐ挫折しました。

一巻は、なかなか進まなかったんですが読んでいくうちにものすごく嵌ってしまいました(^^)

黒田官兵衛については一般的なことしか知らなくて、長政のお父さんで秀吉の軍師というくらいの認識。

昔見た戦国時代の秀吉のドラマって黒田官兵衛のこと腹黒いあまりいい人じゃないぽく描かれたりしてたし、戦国時代好きな人に、福岡の筑前出身だから戦国時代だったら藩主の長政が好き!!て言うと、ああ官兵衛のアホ息子ね!!て馬鹿にされたりして父子を比べられたりして官兵衛をちょっと敬遠していました。

でも、播磨灘物語読んでめちゃくちゃ黒田官兵衛好きになりました。
軍師最高です!!この衝撃は、燃えよ剣の土方さん以来ですね。

司馬さんて、トップよりも参謀的な役割の人好きだなあとか思ってたらあとがきに私は黒田官兵衛が好きなのであると書いてありました^^
確か、司馬さんは生前自分の作品で気に入ってるのは燃えよ剣と播磨灘物語と言ってたと聞いたことあります!

司馬さんの作品の『関ヶ原』と『新史太閤記』にも黒田官兵衛が登場するということで購入して読みました。
『新史太閤記』はまあまあだったけど『関ヶ原』は凄く良かったです。

息子の長政がいい意味でも悪い意味でも東軍の方で工作してて結構活躍してましたし、最後の官兵衛の活躍と締めも凄く良かったです。

関ヶ原は最初、石田三成側から話が進むんですが、東軍派なので石田三成は悪くてあまり好きではなかったんですがこの小説読んで、三成に対しての印象ががらりと変わりました。というか、三成が処刑された時は泣きました。

司馬さんの戦国物がもっと読みたくなり『城塞』を購入。これもなかなか面白かったです。
お夏という架空の女性が登場するのですが、司馬さんもツンデレキャラ書くんだなあと思いました^^

そして、『覇王の家』と『豊臣家の人々』を買って覇王の家を今読み始めたところです。
というわけで、現在戦国ブームが個人的に来てて関ヶ原に行ってみたくなり今日夜行バスで行ってきます^^
スポンサーサイト

コメント

No title

官兵衛のアホ息子!!失礼ながら爆笑してしまいました。
結果的にはマイナスに動いてしまったけど、それまでの経緯を評価しないといけないですよね。
詳しくはよくしらないんですけど、黒田官兵衛ってもう少しで天下取れたんじゃ??と思います。タイミングと運が悪かったのかなぁ?
えっ!?今日!!?夜行で!!?その行動力!!見習いたいです。
気を付けて行ってらっしゃいませ(^o^)/

No title

”黒田官兵衛”ですか~
何となく名前は聞いた事があります(私の知識はこの程度(^_^;))
秀吉の軍師、だったのですね。
司馬さんは”参謀的な役割の人が好き”だったのですね!
だから土方さんを主役にして書かれたのかな(*^_^*)

ところで、、関ヶ原へ行かれるのですか!?
もしかして今はもう夜行バスの中ですか!?
ホント、ひさっちさんのその行動力には感服します。
道中、どうぞお気をつけて!

No title

私も戦国はあまり詳しくはないのですが黒田官兵衛好きですよ。
「播磨灘物語」面白そうですね♪ 私も読んでみようかなぁ。
それにしてもひさっちさんはかなりの行動派ですよね!思い立ったら即行動って感じでいつも全国各地色々と飛び回っているようなイメージがあります(^^)
関ヶ原のレポも楽しみにしています♪

Re: No title

>たまきさん

官兵衛ファンの八割以上は、息子の長政のことアホ息子って言うと思います^^;
黒田官兵衛は元々大名ではなく小寺家という播磨の小大名に仕えてた身分から本人の実力で秀吉の軍師になったのは凄いと思いますね^^
天下は取れなかったけどそこがいいというか^^
私は、トップの人よりナンバー2とか参謀の人が好きなのかもしれません。

関ヶ原行ったのはいいんですが駅降りて来る季節間違ったなって思いました^^;

Re: No title

>あさぎさん

”黒田官兵衛”一般的にマイナーだと思いますね。
私も黒田家縁の地の福岡出身じゃなかったら知らなかったかも^^;

土方さんと黒田官兵衛、タイプは全く違いますけど参謀的な役割がどちらも卓越してるなって思いますね。男性から慕われるタイプだと思いますね。

関ヶ原、前日にというか当日の早朝にバス予約して行ってきちゃいました。
たまたま休みだったというのもあったんですけどね^^

Re: No title

>dandaraさん

おお~!dandaraさんも黒田官兵衛好きですか(*^w^*)

播磨灘物語、一巻はそんなにですが二巻以降は物語に入り込みましたね。
官兵衛、地味だけど男臭さがイイです^^
脇役になりますが秀吉もいい味だしてますね。

官兵衛は、真田とか伊達とかみたいに華がないから女性人気はいまいちかもしれませんが男の人からは慕われるタイプだと思いますね^^

いつもはゴロゴロしてるんですけど、時々思いつきでこうやって行動に出ることもありますね。来年の予定がガラリと一日で変わったというのもありますね。来年は多分あまりいろんなとこに行くことができなくなりそうです。

レポ楽しみにしてくださってありがとうございます^^

No title

播磨灘物語は読んでいないと思います。どうも昔読んだ本の名をおもいだせなくなっております。吉川英治の太閤記だったかも知れません。黒田官兵衛について知ったのは。
三国志の諸葛亮孔明のように三顧の礼によって迎えられた竹中半兵衛と武将の黒田官兵衛の二人の軍師を味方につけた秀吉は慧眼の持ち主ですね。確か二人の軍師という本でその知略を読んだような。記憶が遠くてすみません。
長政の家臣では後藤又兵衛や母里太兵衛などの豪傑がおり、この人達があの有名な黒田節として謡われてますね。

Re: No title

>早々さん

吉川英治の太閤記にも黒田官兵衛は登場するのですね!
黒田官兵衛が主役あるいは多く登場する本を色々読んでみたいなって思いますね。

中半兵衛と黒田官兵衛の二人の軍師も凄いと思いますがそんな軍師二人を家来にしてたとう秀吉はやっぱり凄いと思いますね!

早々さんは黒田節も知ってられるのですね^^
後藤又兵衛は、長政とは不仲になって黒田家から離れ最後、大阪の陣で無くなりましたが、司馬さんの本で二人の軍師という話で主役みたいなのでいつか読んでみたいです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。