スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関ヶ原へ行ってきました♪

新しい年になって10日以上過ぎましたが、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくです^^
昨年末に行った関ヶ原~北?近江の小旅行の思い出をこれから書いていこうと思います。


新宿から夜行バスで岐阜駅へ♪

岐阜駅には7時前に付きました。駅前の広場にキラキラと光る銅像が!!テンションが上がって眠気が一気に冷め、近くへ小走りしたら足元が滑るので地面を見ると残雪が所々凍ってます。
東京ではまだ雪を見てなっかたのでびっくりしました。

12633159663.jpg
12633159675s_20100113022552.jpg
キラキラ光る黄金の銅像は、織田信長像でした(^^)
「岐阜」ていう名前をつけたのは織田信長でしたね。
信長に黄金って凄くあってる気がします。

そういえば土方さんが、宇都宮戦の時に?自分は織田信長の生まれ変わりだと言って部下を脅かしたんですよね^^

岐阜駅のカフェで時間を潰してJRでいざ関ヶ原へ!!
東海道本線で岐阜駅から大垣駅止まりの電車に乗ってしまったので大垣駅で電車に再度乗り関ヶ原駅へ。



12633186652.jpg
関ヶ原駅を降りると雪があちらこちらにあります。
駅前の観光案内場は閉まっていました。
関ヶ原に来る季節間違えたようです(:;)
でも来てしまったものは仕方ないということで売店の人に歴史資料館の場所を聞いたら関ヶ原の地図を下さって教えてもらいました^^

1263318666e.jpg
駅から徒歩で行けるとのことで資料館まで徒歩で移動します。
関ヶ原へ来る前は、資料館でレンタル自転車を借りて1日かけて関ヶ原を巡るつもりでしたが道に残る残雪の多さと道が所々凍結してるのを見て自転車で巡るのは無理だなと歩きながら冬に関ヶ原に来たことに後悔してきたのですが上の標識を見つけてテンションが再びあがります^^

12633186680.jpg
1263318667c_20100113025344.jpg
更に歩くと最初の関ヶ原の史跡を発見。
家康の唯一の寵童だったという井伊直政と結城秀康の長男の松平忠吉の陣跡です。

1263319442ds_20100113030848.jpg
井伊・松平陣の横には東首塚がありました。
1263319446as_20100113031118.jpg
ここで討ち取った西軍の首を井戸の水で洗い,家康の陣へ運んで検分した後、首塚に埋めたようです(::)
首塚に手を合わせ亡くなった武士達のご冥福を祈ってから関ヶ原町資料館へ向かいました。

資料館に入る前に近くにある徳川家康の最後の陣跡があるということで先にそちらへ行ってきました。
12633205294s_20100113032618.jpg

12633205305.jpg
家康は当初、東軍の後ろの方の桃配山に陣をおいてたようですが指揮がし難いということでこの
陣へ移動したんだとか。
この土塁は江戸時代にこの地域を収める竹中氏が築いて整備したそうです。
12633194488s_20100113031220.jpg
1263320527b.jpg
には、首実験を説明する看板がありました。

1263320532bs_20100113032632.jpg1263320531as_20100113032554.jpg

家康最後の陣から見えたので田中吉政陣跡も。
関ヶ原の戦い後、田中吉政の家来が石田三成を捕捉したそうですね。
田中吉政のことを調べたところお墓が榎本武揚さんのお墓もある駒込駅から歩いて15分の吉祥寺にもあるそうです。
それから、キリシタンに理解があったようでキリシタン大名だった黒田官兵衛・長政親子と親しかったようですね^^
田中吉政を調べてると長政が吉政と一緒に明石全登というキリシタン武士を関ヶ原の戦いの時にこっそり逃がしたというエピソードを知りました^^

明石全登という人のことは最近読んだ城塞などの司馬さんの作品で知りましたが、この人のこともついでに調べる黒田官兵衛と親戚なんですね!
関ヶ原の戦い後は官兵衛が匿ってたそうですが官兵衛が亡くなった後は、徳川政権がキリシタンを厳しい立場だったこともあって長政もそれに習って禁止したため明石全登は黒田家から離れて田中吉政のとこへ行ったそうです。

でも、黒田藩出身の軍人、明石元二郎という人は明石全登の末裔なんだとかで、明石全登の子供を黒田家が匿ってたようです。
それを知って私の中で黒田親子の株が更に上がりました^^

ちなみに私はキリシタンではありませんが幼稚園がカトリック系だったので少しはキリスト教についてはわかります。


続きます。
スポンサーサイト

コメント

新年明けましておめでとうございます

昨年は大変お世話になりました。
オフ会でお会い出来た事、とてもうれしかったです(←何度も書いているかも?ですが)
今年もどうぞ宜しくお願い致します(*^_^*)

ところで、関ヶ原、行って来られたんですね!
確か、、ブログで「今から行こうと思います!」って書かれてたアレ、ですよね?
ホントに凄いなぁ~ ひさっちさん。

”首実験”
あ~ 絵の中に”首”がいくつか転がってますね(^_^;)
以前、戦国時代を取り上げた何かの番組で「首を磨く女たち」のシーンを見たことが有るんですが、昔の人には、怖いっていう思いは無かったんでしょうね、きっと。
ちょっと現代では考えられませんが、、、

旅行記の続き、また楽しみにしています♪

No title

改めまして、新年おめでとうございます!!
今年も宜しくお願い致します♪
ひさっちさん、ほんと行動力があって凄いですね~
私も、ひさっちさんを見習わなければ!!

お~ここが関が原ですかぁ…!
石田三成が好きな私としては、ちょっと悲しい場所ですが。。
でもなんか歴史を感じます。

No title

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。

関ヶ原!!って聞くだけでなんだか血が騒ぐというか、嬉しくなります。
記事を読んでてなんだか講義を受けているような、勉強になりました。
首実験の説明板、かなり怖いですね…。

No title

遅ればせながら今年も宜しくお願い致します。

本当に凄い行動力ですね。その熱心さにあやかってもっと勉強しなければ
いけませんね。
関ヶ原 司馬さんの本途中で読むのをやめた記憶が・・・

家康は五大老、石田三成は確か五奉行でしたよね。小早川秀秋が東軍について西軍の情勢が敗戦へ向かったのですよね。
首塚、敗軍の将の怨念が渦巻いているようで一寸怖いです。

Re: 新年明けましておめでとうございます

>あさぎさん

こちらこそ昨年はあさぎさんにお会いできて嬉しかったです^^
今年もよろしくお願いします。

そうなんです!関ヶ原へ行ってきました^^

首を磨く・・・今では想像できないですね恐い(><)
戦国時代は人の命とかについてそこまで重くなっかたんでしょうかね。

最近忙しくてなかなかブログも更新してないですけど楽しみにして下さってありがとうございます!

Re: No title

>まーさん
こちらこそ今年もよろしくお願いします。

まーさんは石田三成がお好きなんですね^^
私は本の少し前までは石田三成を悪者だと思っていて好きではなかったんですけど『関ヶ原』読んで石田三成興味でてきて調べるうちに悪者ではないなと思い逆に好きなりました^^
まーさんのご出身の伏見にとて興味持っています^^

Re: No title

>たまきさん
あけましておめでとうございます♪
今年もよろしくお願いします!

関ヶ原と聞いてたまきさんも血がさわぎますか!
ということはたまきさんも戦国時代お好きなんですね^^

首実験・・・見るのも触るのも嫌ですよね恐くて;

Re: Re: No title

>早々さん
こちらこそよろしくお願いします。
早々さんは司馬さんの関ヶ原途中までよまれたんですね。

私は司馬さんの黒田官兵衛を読みたくて関ヶ原読んだんですが嵌ってしまいました。
今まで私が読んでた関ヶ原関係の本とかドラマは石田三成など西軍を悪く書いてたので余り好きではありませんでしたが誤解してたんだなって思いましたね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。